国民健康保険の傷病手当金

 国民健康保険では、新型コロナウイルス感染症に限り、傷病手当金が導入をされています。  令和2年度は14件、令和3年度は52件、令和4年度は8月末現在、すでに44件となっています。このため補正予算が組まれ540万円の増額となりました。  しかし、事業主やフリーランスは、この対象となっておりません。  中小企業、小規模事業者にとって、被用者、事業者とも同じ労働もし、区別をする必要はありません。当然事業主、フリーランスの方も感染をすれば仕事はストップして収入がないわけです。  感染防止、こうした観点からも合わせて、事業主、フリーランスも含めて支給対象者を拡充すべきです。

続きを読む

大庭台墓園立体墓地の再整備について

藤沢市は、大庭台墓園立体墓地再整備をすすめています。基本構想では概算工事費32億円を想定していましたが、納骨壇用輸入石材や建築資材の大幅な高騰により、15億円増の約47億円ということが判明しました。建築本体の工事費が約7億円の増、納骨壇設置工事は約6億5千万円の増が主な増額です。  工事費等の増加幅を極力抑えるための検討・精査をおこなうとのことで、様々な角度からの事業見直しも視野にとのことでした。当然です。  合祀墓の供用開始は、令和7年度中を予定していますが、使用料をあげることは、市民負担につながるのでやめるべきです。

続きを読む

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルスは、オミクロン株BA.2系統から、さらに感染力の強いBA.5系統等の変異株への置き換わりの影響もあり、経験のない感染急拡大となりました。9月1日時点の日別の患者数は337人でしたが、本市の新規感染者は、7月20日以降500人台が続き、7月30日にはついに744人となりそれ以降、高止まりが続いていました。  現在は200人台になるなど、少し落ち着いてきているようです。  質疑で確認しましたが、亡くなられた方はトータルで122人になりました。7月は9名。8月では34名が亡くなられています。年齢的な内訳では、60代が2名、70代が5名、80代が17名、90代が18名、100歳以上が1名となっています。  今後も警戒が必要です。

続きを読む

国民健康保険の傷病手当金

国民健康保険では、新型コロナウイルス感染症に限り、傷病手当金が導入をされています。  令和2年度は14件、令和3年度は52件、令和4年度は8月末現在、すでに44件となっています。このため補正予算が組まれ540万円の増額となりました。  しかし、事業主やフリーランスは、この対象となっておりません。  中小企業、小規模事業者にとって、被用者、事業者とも同じ労働もし、区別をする必要はありません。当然事業主、フリーランスの方も感染をすれば仕事はストップして収入がないわけです。  感染防止、こうした観点からも合わせて、事業主、フリーランスも含めて支給対象者を拡充すべきです。

続きを読む

オミクロン株対応ワクチンの接種

 10月1日から、初回接種を完了した12歳以上のすべての方を対象にした、オミクロン株対応ワクチンの接種を開始します。  2022年10月1日(土曜日)より、3回目接種と4回目接種に使用するワクチンを、オミクロン株対応ワクチンに切り替えます。  医療機関での接種は、10月1日から、集団接種は10月15日からとなります。個別接種の予約は、体制が確保できた医療機関から随時開始。集団接種の予約は9月21日(水曜日)から開始しています。  10月1日から4回目接種の対象者を、「3回目接種から5か月が経過した12歳以上の全ての方」に拡大されます。尚、オミクロン株対応ワクチンは、初回接種(1回目と2回目)には使用できないとのことです。  接種の間隔は、前回の接種から少なくとも5か月を空けて接種することになります。  使用するワクチンは、 12歳以上がファイザー社製、18歳以上がモデルナ社製になり、オミクロン株(BA.1)と従来株に対応した2価ワクチンを使用します。個別接種では主にファイザー社製、集団接種では主にモデルナ社製の予定です。  発行済み(未使用)の3回目接種券及び4回目接種券は、オミクロン株対応ワクチンの接種にも、そのまま使用できます。

続きを読む